睡眠の質を良くするための過ごし方

食生活を変えて睡眠を改善

睡眠の質に満足していますか?不眠症とまでいかなくても眠るまでに時間がかかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、朝の目覚めがイマイチ… そんな方は多いのではないでしょうか。

自律神経の整った生活を目指す。

睡眠の質の良し悪しと、自律神経は大きく関係しています。自律神経についてはこちらの記事もご参照ください。

その冷え、間違った健康法が原因かも?

自律神経の整った生活をすることで、眠りの質も改善していきます。ある意味、昔の人の暮らし方に近づける、と言えるかも知れません。

日中は身体を動かし、日が沈むと共に激しい動きはやめて、テレビやパソコン、スマホなどの刺激のあるものもできるだけやめて、夜が更けるほど穏やかでリラックスできる環境を目指します。
そうすることで自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のバランス交代がスムーズに行われるようになります。

朝の時点で、夜の快眠が決まる

朝日を浴びることも、自律神経のバランス調整には重要です。
窓越しの光でも十分効果的です。
朝起きたら、カーテンを開けて光を取り入れましょう。

また、休日もできる限りリズムを崩さないことをお勧めします。

汚れや老廃物のない、健康な身体を目指す。

血液や細胞の汚れや老廃物の回収は、主に夜行われる

身体に良い食べ物は免疫力を高めてくれたり、新陳代謝を活発にしてくれる効果があります。
また、血管内や細胞内に溜まった様々な「汚れ」を吸着し、回収してくれる働きもあります。

この回収の作業は、主に夜寝ている間に行われます。夜は自律神経の中の副交感神経が優位となっており、静脈を通じて老廃物を腸に運んで行く働きをします。ですので、朝起きてすぐに便通があるのは健康の証です。

ミネラルが汚れや老廃物の回収を担当してくれる

自律神経の働きと、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの働きは関連しています。
こちらの記事もご参照ください。

腸をキレイにして、肌の悩みとサヨナラ

主に玄米に含まれているビタミンB6がセロトニンを合成させる働きが、自律神経に作用し、バランスを整えてくれます。

また、玄米に含まれているGABAには副交感神経の働きを良くし、リラックスさせてくれる働きもあります。

血液を汚す食べ物や冷やす食べ物ばかりだと、自律神経が整わない

目にも嬉しいスイーツやパンなどの小麦粉と砂糖からできた食べ物、乳製品、豆製品、油、甘い果物、スナック菓子、お酒などは血液を汚し、身体を冷やす食べ物です。

これらの食べ物を食べた後は血糖値を下げようとし、自律神経が乱れてしまいます。

正しい食生活→自律神経が整う→質の良い睡眠

規則的な生活リズムと、身体に良い食生活を継続していくと、自然と自律神経が整ってきます。自律神経が整ってくると、自然と夜の寝つきが良くなります。食生活の改善なしに、自律神経の調整は難しいと言えます。

一日24時間、私たちのために休まず働いてくれている自律神経。身体に負担が少ない生活をしませんか?

正しい食生活の情報が必要な方は、まずは無料相談会などで、知りたい情報や理想的な身体のイメージをお伝えください。体質改善のきっかけ作りに繋がるアドバイスをさせて頂きます。